粉乳醸造について

f:id:lolatoraw:20210623174256j:plain

1.粉乳は温水または沸騰水ですすがれていますか?水温が高すぎると、一方は粉乳が凝集して完全に溶解できなくなり、もう一方は粉乳中のホエイプロテインが凝固します。消化と吸収に影響を与えます。さらに、熱に不安定なビタミンや免疫活性物質(ビフィズス菌など)も損傷を受けやすく、栄養価が大幅に低下します。いいんだよ。どちらの水温も安全で、栄養素の保持に大きな違いはありません。お母さんは粉乳缶の推奨水温に合わせて作ることができます。また、母親も実情に応じて柔軟に変化することができます。すぐに飲めるのであれば、40℃の水で醸造したほうがいいでしょう。後で飲む予定の場合は、能恩 消委會70℃の水を選ぶのが適切です。ただし、プロバイオティクスを含む粉乳は、40°Cの水でしか洗浄できないことに注意してください。

2.粉乳を作るのにどのような水が良いですか?水道水を沸騰させて冷まします。これはお金を節約し、簡単です。水道水の水質に満足できない親は、精製水またはろ過水を選択することもできます。沸騰したお湯が冷えるのを待つのは面倒だと思いますか?まったく違う陰と陽の水に冷たいお湯と沸騰したお湯を混ぜて粉乳を作ることができます。ミネラルウォーターは必要ありません。ミネラル含有量が高いため、1歳未満の乳児の腎臓への負担が増える可能性があります。

3.毎回の摂食量一般的に、新生児は出生数日前の赤ちゃんの胃が非常に小さく、5ml〜60mlずつ徐々に量を増やし、目覚めたときに摂食します。あるかどうかに注意してください。アレルギー、下痢、便秘など。1月から2月までは約80ml。赤ちゃんは食欲があり150ml食べられると書かれています。目覚めたら授乳します。赤ちゃんの食欲は徐々に高まります。注意してください。ヒカップに。現時点では、窒息によるミルクの吐き出しを防ぐために赤ちゃんがひっくり返ることはありません。150ml〜200mlの2〜3か月間、赤ちゃんの食欲は徐々に安定します。母親は、目覚めた後も食事を続けるか、徐々に定期的に、1日5〜8回給餌します。消委會 3月から6月にかけて、赤ちゃんの覚醒時間は徐々に増加します。現時点では、定期的に赤ちゃんに母乳を与えることができ、夜に母乳育児をやめることもできます。1日3〜5回、毎回180〜200mlを与え、補助食品を加えると適切に量を減らすことができます。 6ヶ月から12ヶ月で、赤ちゃんの活動レベルは徐々に増加し、時間通りに食べる習慣は基本的に貯蔵寿命の間に形成されます。これで、4時間ごとにミルクを与え、毎回240mlを食べ、補完的な食品を追加して、1日1回の補完的な食品から2〜3回に増やすことができます。このとき、多くの赤ちゃんは「赤ちゃんの脂肪」を引退し、ゆっくりと体重が増えるか、体重が増えないでしょう。他に症状がない場合は、単純な体重の問題についてあまり心配しないでください。

関連記事:

粉乳の選び方は?

粉乳は準備後どれくらいの期間放置できますか

粉乳にはどのような水を使うべきですか?