子供の心の知能指数とIQの構築は大きな役割を果たします

心の知能指数IQは、具体的には、人々の考え方、感情、信念、および挫折に苦しむことの質を指します。一般的に言って、人々の間でEQとIQに有意な先天性の違いはなく、それらの多くは後天性の発達と密接に関連しています。これは、近年心理学者によって明確に提唱されているIQと知能に対応する定義です。学齢期に生成された感情的な化学物質は、それが通常の学年であろうと対人コミュニケーションであろうと、後の子供の主なパフォーマンスにかなりの程度の害を及ぼします。

就学前児童の心の知能指数教育を重視することが非常に必要です。子供たちが自分の心の状態を理解することは役に立ちます:これにより、子供たちは自分の精神をよりよく観察して理解し、さまざまな経験の内外を知り、知覚と個人の行動の違い幼儿教育硕士课程。子供たちが自分の感情を適切に管理するのを助けます:子供たちを欲求不満に対してより弾力的にし、苛立ちに値するようにし、議論をしたり、喧嘩したり、教室の規律を乱したりする可能性を減らします。喧嘩に頼ることなく適度に怒りを表現する能力が高く、学校を辞めたり停学したりする可能性が低く、主に攻撃的または自虐的な個人的な行動を示す可能性が低くなります。

子供たちが感情を調整するのを助けます:彼らは自分自身、学校、家族に対してより前向きな認識を持っており、プレッシャーを解放するのが上手で、孤独、自信や不安の欠如を恐れず、正しい道に向かって精神を導くのが得意です。より責任があり、目の前の仕事に集中することができます。非合理性を抑えることができます。子供たちに他人の精神を理解させる:彼らは他人の視点から物事をよりよく見ることができ、他人のために考えるために最善を尽くすことができ、そして聞くことがより上手になります。子供たちが対人管理方法を開発できるようにするために:対人コミュニケーションを分析して習得する能力が向上し、競争に対処して交渉する能力が向上し、社会的葛藤に対処する能力が向上します。

コミュニケーションはより明確で、より系統的で、より発信的で、より人気があります。友達との関係が改善され、良い友達がより頻繁に招待され、他の人により多くの注意を払うことができます。コラボレーション、共有、相互支援についてのより洗練された、より深い理解。人と仲良くするとき、お互いの大切さを理解していますが、一番注目すべきは、いつもの成績や学校の成績の向上です。

子供が集中できない場合、親はこれを行うことができます

子供の集中力の欠如の非常に大きな要因は、大脳皮質が完全に成長および発達していないことです。特に6歳未満の子供は、受け取ったデータを統合できません。子供が集中できない場合はどうすればよいですか?考えることを学ぶ。子供のエネルギーが集中していな...

 

子供のバイリンガル文化教育はこれらのことに注意を払う必要があります

赤ちゃんのバイリンガル版の文化教育は、「主な要因としての興味と趣味、そして補助的なものとしての自然環境」でなければなりません。親と教師は、言語表現における子供の興味と趣味を正しく扱い、同時に、自然環境のバイリンガルバージョンを提供するのが一...